朝の目覚めの時に飲めば効果を引き出せると思います。

一定のリズムを保っている

体は一体のリズムを毎日保っているわけですが、ひが登り明るくなって目覚めて、日が暮れると体休めるわけです。

そしてとてもきれいになるためにもこのリズムに従いましょう。

毎日のサイクルリズムの中でうまく青汁を取り入れ体のメンテナンスをしていくこと。青汁だけの栄養に頼らず栄養バランスを気遣うことを考えてください。

また、美容食品中肌が作られる22~2時の間摂取が望ましいと飲む時間指定される商品ありますが、これはいつ飲んでもいいです。

そして、青汁は食物繊維豊富で食物背には消化に時間かかって、寝る直前飲んでみれば体休めるべき時間胃が働きっぱなし。

寝る直前食べるのは食べないほうがいいといった理論と一緒。

寝付き悪くなったり疲れ取れない原因となりかねず、終身2,3時間前飲むのは控えましょう。

朝がおすすめ

体の中もしっかり休めしっかり睡眠すればよく朝寝起きもおなかもすっきりしてくれます。

そしてライフスタイルに余裕あれば青汁は朝食時飲みましょう。

自分に合った方法を見つけることが一番です。

1日摂取量を守り目的別に脳タイミング工夫して見えrば効果変化を期待できると思います。

また、朝起きすぐコップ1敗の水飲めば腸活性化されて健康効果にいい影響ありますが、これを青汁に換えてみてみましょう。

空腹時最も影響が吸収されやすくなっていて、青汁の栄養をしっかり取り込めます。

朝は何も食べたくないといって朝食抜く人が多いですが、健康のため朝食取るのは大事です。

抜くならせめて青汁で栄養補給してください。

そして普段インスタント食、コンビニ弁当ばかりだったり、生野菜が嫌だったりする人は完全に野菜栄養素が不足しています。

毎日のライフスタイルに青汁プラスしてみてください。

そしてこれは子供の野菜不足解消に活躍してくれます。

供に与えてみるときにアイスと混ぜたり一緒に青汁を使ったおやつ作りを楽しんでみてください。子供は少し抵抗ある青汁が抹茶アレンジ風の優しいものに変化します。

青汁は子供に成長を支えてくれるものですから、楽しく飲めるような工夫をしてみればきっと喜んで飲んでくれるはずです。